久々に

近藤

2018-09-12

ライター:近藤

お世話になります、東北の近藤です。

 

 

ぼーっと生きてるのにキレ味の良い所って言われても簡単にでてきませんけどね!

 

 

まぁそんなぼーっと生きてて休日やることがなかったので、久しぶりにドラマを見てみました。

 

 

ちなみに最後に見たのはこちら。

 

 

 

 

 

 

唐沢寿明が主演の白い巨塔でした。

 

 

2003年放送ということでもう15年くらいドラマ見てなかったらしいです。

 

 

最近はネットで動画や生放送を見ることが多く、

 

 

ドラマどころかテレビを見る事すらほとんど無くなってしまいました。

 

 

ということで今回見てみたのがこちら!

 

 

 

 

 

 

相当前に麻雀が好きとブログを書いたような気もしますが、

 

 

「真・雀鬼」

 

 

20年間裏プロ麻雀で無敗だった(らしい)桜井章一さんの実話(?)に基づいたドラマです。

 

 

たまたま面白いと聞いて観たのですがオリジナルビデオ作品ということでテレビでは放送されていないらしいです。

 

 

主演は清水健太郎さんですが、色々あって途中で何度か逮捕されているので何度も主役が変わります・・・

 

 

それとこれは裏プロの麻雀ということでイカサマ合戦みたいになってるので、

 

 

まともな麻雀を期待している人にはちょっと違う物になっているかもしれないです。

 

 

一応麻雀だけでなくストーリーもキッチリ作られていて良いシーンも多くあるのですが、

 

 

正直演技に関してはかなり雑な部分も多いですね・・・

 

 

まぁテレビドラマでもないので費用の面でしょうがないかもしれませんが。

 

 

一応主要人物には有名な人が多く起用されています。

 

 

 

 

 

 

その中でも一番自分が好きだったのは長門裕之さんです!

 

 

もう亡くなってしまっている長門さんですが、

 

 

「今まで数々の役を演じてきたけど、この作品を超える事はできなかった」

 

 

と自分でいっているくらいカッコイイ台詞やシーンがたくさんあります!

 

 

麻雀好きでお時間のある方は是非ご覧ください!