ジャグとハナ~やっぱりハナかな~

田中幸一

2019-07-26

ライター:田中幸一

どうも、本社の田中です。

 

最近、名古屋本社ではスロットAタイプを打つ方が多くなってきているようですね。

 

Aタイプというかジャグラーですね。

 

 

という私も光りモノは結構打ってきました。

 

 

 

 

一昔前は高設定っぽいジャグラーをタコ粘り。

 

1万ゲーム回すことに執着していた時期もありました。

 

 

 

 

でも、ここ数年はハナハナばっかりですね。

 

 

 

 

なぜか

 

 

 

 

先に光るから

 

 

 

 

 

ハナハナは告知タイミングがレバーオン時だけで、音もなし!

 

 

 

まあ、ホールさんによっては告知音つけている所も多いですが、私は無いのが好きですね。

 

 

 

 

 

だってビックリするから

 

 

 

 

 

 

その他にも、高設定域の機械割が優秀ということもありますが、滅多に高設定に座れないので、低設定でどう戦うかですね

 

 

 

 

低設定はやっちゃダメなのは分かっているが

 

 

 

 

時折見せる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレ6か!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みたいな挙動に騙され続けています

 

 

 

 

 

これはジャグとハナともにあるあるですね

 

 

 

 

 

あるあるついでにAタイプ常連の一言集

 

・あの台「6」だわ

 

・悪くはないけど微妙~

 

・隣が良いからこの台無いわ

 

・あっ!スイカ取りこぼした

 

・100ゲームまで回してヤメ

 

・出玉飲まれたらヤメるわ

 

・バケ(REG)ばっか、ビックどこいった?(怒)

 

・ほら光った!

 

 

 

 

どうでもいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

約10年前に設置されていたスペシャルハナハナにこんなパネルがあります

 

 

 

 

 

 

 

上部パネルになんか書いてある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~沖スロ道~

 

 

 

 

 

 

ふ~ん

 

 

 

 

 

 

 

AT・ART機や目押しガッツリのAタイプに疲れた方はジャグかハナで当たりを楽しんでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、ジャグとハナはそう甘くないですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甘くみてると結構モッテかれますから!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、どうでもいい話でした。