八代将軍

田中幸一

2020-10-08

ライター:田中幸一

どうも、本社の田中です。

 

 

6号機『吉宗』が今週導入されましたね。

 

 

 

 

設置確認でしか触ってないのですが、久々にやってみたい機種ですね。

 

 

 

まぁ、初代吉宗のインパクトが強すぎて

 

 

 

5号機の吉宗はあまり打ってないのですが、

 

 

 

今回は一撃大量出玉が狙える仕様との事なので、ビッチリやってみようかと。

 

 

 

 

 

 

 

ビッグ1回での期待枚数が711枚って事らしいです。

 

 

 

そうはいっても6号機ですので、とりあえず完走したいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

私のようなアラフォー世代のスロッカスには、吉宗の思い出が少なからずあるかと・・・

 

 

 

 

 

 

いきなりですが、そんな初代吉宗の思い出を振り返ってみましょう。

 

 

 

 

 

その①

天井深け~よ

 

最大天井は1,921ゲーム

 

1万円で約300ゲームだから・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

その②

711枚の1G蓮

 

ビッグで必ず711枚取れましたね。

 

それが1G蓮するって、ブッ飛んでるね

 

1G蓮条件は、7が揃うか711枚取れなかった場合だった記憶が・・・

 

7揃い、パンク、JAC外れなど、ワクワクが止まんね~

 

 

 

 

 

 

 

 

その③

やっぱり『爺』でしょ

 

 

ビッグ消化は爺ビッグ

 

 

1G蓮確定のあの音!

 

 

ケツが浮きますね

 

 

 

やっぱりみんな鳴らしたいんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

その④

レバー丈夫すぎでしょ

 

高稼働であり、かなり香ばしい仕様だったのに、レバーが丈夫だった印象がありますね。

 

強打される事が予想されての設計だったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

その⑤

「T・B・T」は勘弁

 

T・B・Tとは「天井・バケ・単発」

 

はい、黒い将軍図柄が揃ったらレギュラーボーナスですからね

 

「海苔」って呼んでましたね。

 

 

これやっちゃうと、もうどうにもならんね。

 

 

設定が良くても、もってかれるからなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺にしておきましょう。

 

 

 

 

 

今週末は八代将軍と戯れますかね。

 

 

それでは、また。