AGT

マシロ

2021-04-05

ライター:マシロ

すっかり春めいてまいりました。

 

こんな状況なので花見も出来ませんね。

 

どうも、業務課 マシロです。

 

今回はアメリカの超有名なオーディション番組のお話。

 

「アメリカズ・ゴット・タレント 」

 

ご存知の方も多いはず。

 

最近では日本人の出場者も増えてきて、

 

2019年、ゆりやんレトリィバァさんが出場して話題となりました。

 

ちなみにその時の回がこちら

 

流暢な英語でパフォーマンスよりトークのほうがうけてました。

 

他にも数々の日本人が出ています。

 

ゴンゾー

 

タンバリンの芸で準々決勝まで勝ち進みました。

 

私のお気に入りの一つです。

 

次は日本人唯一の優勝者

 

蛯名健一さん

 

その時の予選でのパフォーマンスがこちら

 

日本人がダンスでAGTに挑戦!

 

パフォーマンス前は審査員の様子は期待薄な感じでしたが、

 

見事それを裏切り、会場全体を驚かせました。

 

私がよく見るのはやはり歌のパフォーマンスですね。

 

世界にはまだまだ無名のシンガーがたくさんいることを痛感します。

 

私のお気に入り ベスト3

 

第3位

 

カルム・スコット

彼は英国の BGTに出場したシンガーです。

 

これがきっかけでメージャーデビューをしました。

 

こんな歌声で私も歌ってみたい。

 

 

第2位

 

アンジェリーナ・ジョーダン

 

若干13歳でこの世界観!

 

クイーンの名曲

 

「ボヘミアン・ラプソディ」を歌います。

 

曲のアレンジがまた強烈に素晴らしい!

 

そして 第1位は

 

コートニー・ハドウィン

彼女も出場時は13歳でした。

 

初めて動画を見たときは鳥肌ものでした。

 

あのジャニス ジョップリンの再来かと思いました。

 

動画を初めて見たという方、いかがでしょうか?

 

興味のわいた人は是非、他にもたくさん素晴らしいパフォーマンスができる人が世界にはたくさん

います。

 

YOUTUBEチェックしてみて下さい。